2010年9月12日 (日)

今日から

9連休。

何事もなければ(笑)

夏が全滅だったんだから、このくらい、いいよね。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

夏風邪

富士登山後、夏風邪にやられて、いまだノドとハナがすっきりせず。
風邪ひきやすくなったなあ・・・

おととい車のオイル交換したら、昨夜バッテリーが昇天。保険会社の救援で復活し、どうにか帰宅するも、今日はもう掛からない。仕方なくバッテリー交換。

さらに昨夜、ショッキングな知らせが届く。

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100728ddlk13040249000c.html

ご近所ながら、直接お会いした回数はごくわずか。
そのうちの一度は、一昨年の「逆TTR」。ゴール地点にわざわざ来て下さった。

その時交わした握手、ガッチリした掌の感覚が、いまも残ってる。

ブログでのトレラン関係の辛辣な物言いは有名で、「なにもそこまで・・・」と思ったりもしたけど、反面、綿密なコース分析など、参考になる記事も数多く書かれていた。

何度か山へのお誘いも頂いたが、タイミングが合わずご同行できなかったことが悔やまれる。

謹んでご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

富士登山競走

レースに出た時くらい更新しないとね。

ずいぶん久しぶりのレースになっちゃった富士登山競走(2回目の参加)。今年から始まった参加資格制度に、3年前の完走がぎりぎり引っかかってる。その維持のためだけ、ひっそりポチったけど、近づくにつれだんだんノリ気になってきた。

とはいえロードほとんど走りこみナシ。最近の月間走行距離、ほとんど200km以下。

はじめっから「ロード区間」なんか捨ててます・・。

はい、山脚だけで戦いました。

前回(3年前、60回大会)よりウエイト3kgも増えてるので、どだいスピードなんて期待できないし。

というわけでタイムから。

・今回(2010)  ・前回(2007)
馬返し 1:13:50    1:10:18
五合目 2:16:58    2:08:52
八合目  3:51:56    3:43:11
ゴール 4:25:19    4:17:38

前回より7分41秒落ち。まあ練習不足なんだからしょうがない。完走しただけでも拾い物や。

~~~~~

4日前の富士山8合目までの練習、これは余計だった。夜中出発で睡眠不足、ゆっくりペースのはずが意外に疲れたうえに、午後は仕事とハード杉。その後も疲れが抜けず、前日になって今度は微妙に風邪っぽい。

ぼんやりした体調のままBブロックのスタートラインに立つ。

最初のロードは淡々と進むがスピードは当然ない。あっという間に周りはCブロック選手だらけ。

木陰は思ったより涼しく大汗はない。しかし、遅いのでどんどん抜かれる。馬返しまで歩かず走るものの、しだいに苦しさが増す。給水は必ず取るが、飲むと気持ち悪い。途中inoxさんに追いつく。かなり不調らしい。

得意のトレイル区間が始まるも復活せず、佐藤小屋までって、こんなに長かったっけ?。少しづつ周囲とペースがシンクロしてきたが、ここはまだ忍の一字。

五合目関門通過、3分前、セーフ!

まわりはもう、山頂あきらめモード濃厚。こっちはこれからがお楽しみ、山岳ステージ。ロードでさんざん先行されたリキさんをゲット、六合目でハリ天狗さん、ハリマネさんに加え、タマさん、小虫さんからも応援をもらい、これを起爆剤にして、がしがし登り始める。おらおら~今度は抜きまくるぞ!

七合目あたりのスロープ、その上の岩場は最も得意な区間。時折小走りもはさんで歩く。岩場は混んでいる脇をすり抜けていく。山小屋の前のフラットは必ず走る(なぜか皆歩いているのってのが不思議)。

ここでは、たーこさんの浴衣応援。目の保養になりますた。
京都のまっちゃんさんに後方より声がかかる。気づかずパスしてたようだ。

八合目関門、8分前、セーフ!

ここまで来ると低酸素と疲労が重なり、がくんと重くなる。見上げるとまだまだ隊列が上空に連なっている。空腹感もやってきたので、私設エイドのチョコを頂く。

ペースは落ちてきたものの、気持ちはハイなまま這い登る。一度だけ給水後に吐きそうになり一時停止したのみ、あとは少しづつでも動き続けた。ここに居るはずのないkojikenさんを発見。しかし数人前の、ばななさん(今回もデカザック)は、どうしても捕らえられない。

ゴールの鳥居が視界に入り、完走を確信。タイムはだいぶ落ちたが、先にゴールしていた仲間の声援をうけて、ゴールになだれこむ。

5分前、セーフ!一瞬、意識が飛んだ。

いや~危なかった!こんな薄氷を踏むようなレース初めてだ。もう御免(だったら練習しろって)

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

予告

今年もハセツネのエントリー、熾烈なクリック合戦を勝ち抜き、第0関門突破!よかったよかった。

さて、今週末6/6(日)ロングトレイルやります。今のところペターさん&げんぼ。

chinさ~ん、4ピークも魅力的で迷いましたが、「上下関係」はお任せします。

スタート)甲斐大和駅から歩40分「景徳院」(ここに駐車)4:00a.m.
ゴール)西沢渓谷の南「新地平」バス停(ここからバス+JR+徒歩で車に戻る)

※近辺に温泉あり。

コース)景徳院~大鹿山~大谷が丸~湯ノ沢峠~牛奥ノ雁ヶ腹摺山~大菩薩峠~丸川峠~柳沢峠~倉掛山~雁峠~新地平

CT)23:50

距離)約56km

累積標高)3649m

新地平からの終バスが16:25。12時間半の行動としても、遅くとも4時にはスタートしたい。
もし終バスに間に合いそうもなかったら、丸川峠または白沢峠にて、別のバス停にエスケープ可。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

鷹ノ巣山サーキットトレ

今日はハコネにて、ズッコケ三人組が集まる予定だったけど、雨予報&低温予報により中止。
やはりハコネは晴れの日がイイ!せっかく交通費かけて行くんだし(笑)

そうなると予定が白紙、朝の天気しだいで今日の行動を決めることに。

久しぶりにギア類を漁りに、上野アートスポーツにでも行ってみよかと、欲しいものリストをアップしてたけど、ふたを開けてみれば、雨、ふってない。なら都会より山だね。

先週は甲武信岳・戸渡尾根トライアル。
平日のランは近場の神社(雨武主神社)に詣で、200階段トレーニング。

と、最近は登り脚を重点的に鍛える方向。

で今日も登りまくり鍛錬。
奥多摩は鷹ノ巣山・稲村岩尾根。

日原から稲村岩に登り、ここから鷹ノ巣山サーキット。
ほぼ登りっぱ、標高差839m。を2セット。

一本目:登り=1:06  下り=0:34 
二本目:登り=1:10  下り=0:35

(up CT=2:10  down  CT=1:10)

がしがし走ったつもりなんだけどなあ・・・まだまだよの。

やっぱり上に行くと雨&寒い。
風邪がぶり返したらヤバいので、下山後は速攻でもえぎの湯。あったま~って帰った。

短時間で2200m稼いだ。うしうし。
太腿バリバリだけンど。

(買い物だったら階段でせいぜい30m、家に引きこもってたら0mだ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

ふたつのレースに出没するの一日。

P4040005

ふたつのレースが同時開催!な今日。

青梅高水の予定だったけど、うだうだしてたらエントリーしそびれたんですることがない(笑)

ならば、応援~。じゃどっちに行くか?どっちにも知り合いが出てるしなあ。

・・・考えてみりゃ、会場近いんだから、スタート時刻が1時間ズレているのを利用して、地元ハセツネ30→となりの青梅高水のハシゴができるんじゃね?

ついでに自分の走行距離伸ばせね?

おーし行ったれ!

スタート時刻は9時。直後のロードで観戦もいいけど、ほとんどあっという間に通過しちゃうので、第一関門の入山峠にする。ここを9時半ごろ通過とみたので、30分ほど見物しても、青梅に移動してゴール間際には間に合う算段。

自宅からハセツネコース利用で、入山峠まで、まずはトレラン。ちょっと寝坊したのでせかせか。

お~、スタッフがもう準備万端で待機してますな。

ありゃ、ハリマネさんじゃ~ないですか!!
あーブログチェック忘れてた!ここで応援予定と分かってれば、背後から驚かしたのに(笑)
「美女応援隊」出陣だったのね。

ちゅ~わけで乱入さしてもらいます。
いそいそと「変身」して、選手を待つ。

おっと、ほぼ予想通りに、まずはトップ奥宮さんが通過です!さすが速い!
ていうか「全然楽そうで速い」。次元の違いを見た。

次々にやってくる選手を見送ります。何人かは刈寄山で別ルートを通っちゃったか、違う場所から出てくるね。知人も通りますが、「気配を消してる」私に気づきません(笑)

やはり渋滞が発生したようで、選手はばらけてるものの、通過時間はけっこうかかる。そうこうしてるうち、もう17キロコースのトップ選手が折り返して、ここに飛び込んできた。往路の選手と交錯して、スタッフさんたちも大わらわ。

あらら、あっという間に1時間も経っちゃったよ。では「変身解除!」

急ぎ青梅に向かう。レースコースを逆走して市街地経由、ランで移動という当初予定は、おいらの走力じゃムリっ。

ならばいったん自宅に戻り、チャリ移動に変更!

っっっと、しばらく乗ってねぇし、カギが見当たんね~し、空気抜けてるし。またあたふた。

がしがし漕いで一路青梅へ。峠越えがキツイよ~

宮ノ平駅前あたりを通過したあたりで、青梅丘陵を見上げると、あ~!もう選手が走って帰って来てるよ!たぶん15キロコースのひとたちだとは思うが・・・

ならゴール地点まで向かわず、小曽木街道からトレイルに入って、沿道応援に切り替え。

フィニッシュまで1キロちょいの地点で、ふたたび「変身!」

まずはグリーンゼッケン(15キロ)の選手がどんどん通過してます。すぐにオレンジゼッケン(30キロ)の上位選手もやってきました。

ここでは地元のおじさんと共にガンバ~!
ここまで来ると、苦しい表情アリ、ホッとした表情アリ。
うんうん、痛~いほどその気持ち解ります。

ほとんど最後のランナーまで見届けて帰ってきた。いや~応援もいいね!なかなかこういう機会もないんで・・・

(想像してたけど、曇ってたので結構冷えた。今度は防寒対策しっかりやろう、このへんは「応援道」を極めているハリマネさんの装備とか参考になるな)

| | コメント (20)

2010年3月22日 (月)

ハコネ♪ハコネ♪

日曜は天気が荒れそうなので、土曜にハコネ。

元箱根スタートで、外輪山時計回り&神山攻めに挑戦。・・・の予定だったけど(けど?)。

元箱根港近くの無料駐車場から出発、まずは道の駅箱根まで登る。
さ~て楽しいトレイルのはじまりだよ~

P3200019

P3200022
通れねー!!

しかたなく湖岸遊歩道へ。長いんだよな・・・

P3200018
ハコネ50kの時は、こんなの無かったね。
フラットは面白くないけど、だんだんカラダあったまってきた。

深良水門から、もいちど外輪山に登る。

P3200024
いいね~

でも風強いね~

P3200031
はね~

P3200033
富士山見えねー。

P3200028
枝だらけだねー

P3200036
視界ね・・・ぴゅ~

P3200037
渋滞ね。

P3200039
尾根~

P3200043

明神ヶ岳から宮城野にいったん下りて、コンビニでもろもろ補給。
強羅から、今度は神山をめざす。
途中、別のコンビニでさらにカスタードケーキを投入。

P3200044
拷問な急坂だね _ノフ○ 

へろへろで早雲山ロープウェイ駅に着いた。神山行くんか?しばし悩む。
ま~1時間かそこらで登れるっぺ。

・・・そりゃ大甘。もう脚終わってるし。

強風に、雨もまじってキタ。
大涌谷分岐まで来たところで撤退!

P3200045
あとちょっと。ざんね~~~

P3200048
大涌谷の土産物店で、また食う。
温泉たまご・・・も食いたいけど、5個セット。また今度ね。

P3200049

あとは遊歩道とロードを適当につないで、元箱根へ。

P3200054
あ~長かった。やっと帰ってきたよ。

でもトータルで50kmに3kばかり足りなかったね。惜しい。
食って食って歩いて走って9時間47分。

で、さらに小田原で何気なく立ち寄った回転寿司、
只者じゃなかった。めちゃめちゃ旨かった。

体重増えてるね・・・

| | コメント (2)

2010年3月15日 (月)

季節の変わり目。

先週の16日(火曜日)に、恒例のギックリ腰をやらかした。

自分のブログ見たら、去年もほぼ同時期にやってた。もう驚かネェヨ。

今度のは軽症だったけど、大事をとって(仕事が落ち着いている今がチャンス)二日ほど休養。なのでだいぶ回復が早かった。もうつきあい方も分かってきたよ。「最初はとにかく安静、患部アイシング→次は保温、軽い日常動作で血行を良くする」=TARZANの特集とハリ天狗さんのおかげだっ。

またぶり返すといやだから、今日は新城トレイルレースをキャンセル(大人だなぁ)。で近場の草花丘陵にて、腰の調子と相談しながらジョグ。

こりゃ~いいトレイルだわ。なんで今まで行かなかったんだ俺。

調子に乗ってたら、途中で道を間違えた。二ツ塚峠から満地峠に向かうはずが、一本ちがう尾根に入り込んだ。下りてきたら、いつものジョギングコースにひょっこり飛び出したので、思わずワラタ。

腰は、もや~んとした疲労があるけど大丈夫。そのかわり休みすぎて、脚の方が痛い。

終わったあと立川へ献血(=血液データ取り)に行ったけど、「白血球が基準より多い」ってことで断られた。確かに疲れてるけど、べつに熱もないし、走ったせい?

立川昭島マラソンの選手も二人ほど来たらしく、同じ「症状」が出たそうな。

なにもしないで帰るのもしゃくなので、携帯を機種変更した(笑)今度のは防水仕様。過去に携帯とデジカメと双眼鏡をオシャカにした「前歴」があるので、ぴったりじゃ。

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

歴代トレイルシューズ

Photo

捨てられんのです。

いったんはゴミ袋に詰めたのに・・・往生際が悪いっつーか、未練たらしいっつーか。

そして、ついに手を出しちゃったゲルフジ。軽トラックがF1のタイヤを履くよーなもんだ(笑)

| | コメント (4)

2010年1月31日 (日)

山中湖を一周

'07のアドスポに載ってたコース。そのうち、そのうちと思ったまま放置してた、やっと実行。

Yamanakako

旭日丘~篭坂峠~三国山~鉄砲木ノ頭~高指山~山伏峠~石割山~大平山~大出山入口~山中湖畔

2週間ほど半徹夜続き。鍛錬サボったおかげで、出だしから苦しい。旭日丘からゆるい登りロードで早くもゼーゼー。10分でやめて帰ろうかとオモタ。

篭坂峠から墓地を抜けてトレイル突入。ハイキングコースとあって、やたらなだらか楽々トレイル。ストレス食いで体超重いので、ありがたし。

三国山は、なにげないピークなのでスルー。

Mikuni
道標に鍋。

三国峠(車道)を横切って、鉄砲木ノ頭(明神山ともいう)。ほとんどカヤトで覆われた山なので、山頂からは当然。

Myouzinn
こんな眺め。早くも昼寝したくなってきた。

高指山を越え、大棚ノ頭が近づくと、丹沢の雰囲気にチェ~ンジ。ザレや鎖場、笹ヤブが行く手を阻む。

Photo
ここから道志村トレイルレースのコースを少し逆走。

山伏峠に下りて御正体に連なる稜線に登り返す。レースでは関門めざして激下るポイントだった=今日は激登りだった、ひー。

鏑木流蹴らない登りの境地は遠し。

石割山に着いた所で、さらに北=杓子山方面めざすか(がんばりモード)、西に行くか(おしまいモード)・・・すでに下り足も怪しくなっていたので、まよわず西に決定。

でもなんか変。すげえ急坂でおっかしいな~。

う、道違うじゃん!南の石割神社に下ってる。バックバック。さっき山頂で会った団体さんに見つかり、ちょっとバツの悪い思い。

それにしても増えた体重(やべ、60kg超えてる)を支える脚筋力が落ちまくり。こんな時は決まってヒザ周り(特に裏側)に痛みが出る。体はウソつかないね。ブラーSLと厚手ソックスの組み合わせも、足底が遊んで具合が良くない。

なのでせっかくの下りが楽しくない。

あ~もう、だらだらと湖畔にたどり着き、だらだらロードを出発点まで戻る。最後まで締まりのない日じゃのう。

こんな日は温泉でゆっくり癒しだね。さっきの石割山からすぐの、「石割の湯」で長湯&ラーメンで締め。

距離 32.0km
行動時間 のんびり7時間ほど

| | コメント (0)

«自宅からぐるり