« 反省したら、もう忘れて寝る | トップページ | trailrun at night »

2008年4月14日 (月)

TTR(もどき)1日走

今年の春のレースはどれもいまひとつ。いろいろ言い訳もできるけど、元を質せば鍛錬不足。振り返って昨年は、もっとのびのび走っていたよなあ・・・

じゃあどうすればいい?・・・答えはきっと山にあるはず。

---
久しぶりに諸々から開放されて、少し長めのトレラン。

当初は、先日素浪人さんとリキさんが使った、「外秩父コース」を取り入れたプランを実行する予定でしたが、予報では天気イマイチ(このプランはベストな日に取っておきたい、こだわりのネタなのだ)。それならば裏TTRの試走を交えつつ、ちょっとカラダに鞭打ってくれるコースはないか、と。・・・じゃ、こんなのはどうかな?

080413pttr2jpg_2

1・金比羅尾根ステージ(五日市~日の出山~大岳山荘前~白倉バス停)
2・浅間尾根ステージ(白倉~浅間嶺~上川乗バス停)
3・南奥多摩ステージ(上川乗~醍醐峠~和田峠~陣馬山~小仏峠)

里に下りてはまた登り、を繰り返す、ちょっとマゾな設定。中盤に浅間尾根を乗越して、なんとなくTTRコースに似せている、というのもミソ。ただし距離を稼ぐかわりに、主なピークはラクしてみんな巻いちゃうのだ。

<第一ステージ>6:51~9:11←訂正。6:51~10:11
五日市中学校前を7時前にスタート。金比羅尾根をスローに登り出す。体の動きの滑らかさが感じられないので、焦らず、ゆっくりと言い聞かせながら。

日の出山の巻き道は薄暗い。カラッと晴れた山もいいけど、霧雨にしっとり濡れた林もなかなか。

御岳の宿坊街を抜け、大岳山荘前を通過。ここでハセツネ逆走コースからいったん離脱、白倉バス停までの急坂を一気に駆け下りる。・・・あと少しでロードという所で、少し左足首をひねった。

白倉バス停前のお店でジュース購入&おにぎりを食べながら足首の様子を見る。・・・少し痛むが、まあなんとか続行可能か。

<第二ステージ>9:21~11:02 10:21~12:02
西へロードを2kmほど走り、「御前山登山口」バス停から、破線ルートづたいに浅間嶺をめざす。この取り付きが分からず、近くのお寺の裏やら、お墓の裏やらを覗き込む(超怪しい奴)。ロードをさらに200mほど進むと、あっさり入口表示があった。

ちょっとヤブっぽい道をがまんして登ると、尾根上のアスファルト道に飛び出す。ここは見覚えアリ。ほどなく茶店前を通過して、浅間嶺に向かう。先ほどの捻挫が、時折刺すように痛むが、腫れてはいないので、だましだまし進む。場合によっては第二ステージでリタイヤ、も頭をかすめる。

浅間尾根は以前も走ったけど、穏やかで快適そのもの。でも今日は30分ほどでお別れ。浅間嶺に着くなり、ふたたび一気下りで上川乗バス停へ。だいぶ体もほぐれてきた感じ。

<第三ステージ>11:08~16:34 12:08~16:34
このバス停付近の、アテにしていた唯一の自販機が故障中。仕方ないのでとぼとぼ浅間峠に向けてまた登り始める。次第に疲労が増し、呼吸も荒くしばしば立ち止まるが、不思議と気持ちは前向き。

ガスと小雨に濡れて、ひっそりした浅間峠に到着。ここまで、スタートからジャスト6時間。一息いれてまたハセツネコース逆走を開始・・・おんや~、前から誰か走ってくるよ。この天気で試走とは、お互いご苦労さんですな・・・

・・・リキさんじゃん!

(神出鬼没は私の専売特許なんだけど、やられたっ)。思わず大笑い。

登りがダメ~といいながらも、五日市からここまでなかなかのタイムで来てます(しかも例によって連日だし、恐るべし)。せっかくなのでアフターでもご一緒にと思ったけど、方向と予定がバラバラなので、5分ほど立ち話の後、さいなら~。

こういう「事件」って、なんだか元気涌くんですよねえ。脚が一気に軽くなってきました。

このままリキさんの来た道を辿れば、いやでも家に帰れるけど、醍醐丸を前にしてもまだ体は嫌がらず、先へ進みたがる。気がつけば捻挫の痛みは消えている(ただし今度はマタズレ~正確には○○ズレ~が出始めた)。

和田峠で、店じまい直前の茶店にすべりこみコーラ補充。うめぇ~。これでもう陣馬の登り返しも怖くない・・・でもやっぱりこの階段は、ぐえぇキツイ!。

陣馬山から先は、あまりに踏まれすぎて、どちらかというと好みではない。でもこんな雨の日はトレイルも適当に柔らかく、数日前の強風で落ちた針葉樹の葉のクッションが心地いい。人影もまばら。なので影信まで、ほとんど鼻歌気分。尻上がりに調子が上がってくる理想的な感覚。

裏腹に、マタズレは次第に強くなってきた。歩くよりも走る方が痛まないので走るしかない。

小仏峠到着が16時半。脚はもう少し行けるし、できればTTR最終部分を見ておきたいし、計画段階ではそこまで欲張れるかなと思ったけど、ここでタイムアップ。マタズレもギブアップ。

小仏バス停まで駆け下りたら、ちょうど5分後に出るバスが待っていた。お、ラッキー!

---
前日まではこれまでの不調を心理的にも引きずり、今度もダメかなぁ・・・と気が重かったのも事実。でもいざ飛び込めば「水を得た魚」。スピードはともかく、トレイルに「没頭」できた1日でした。今日は大腿四頭筋がむせび泣いてます。うあ~イタ気持ちぃぃ。

4/13
行動時間:9:43
距離:50.9km

|

« 反省したら、もう忘れて寝る | トップページ | trailrun at night »

山岳走」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。先週レースだったのにその気になれば50k走れてしまうのは凄い!です。

第一ステージを2時間20分というのはかなりいいタイムでは?(私でしたら、白倉バス停でおなか一杯で帰ってますが・・爆)

日の出山で一旦養沢に下って、御岳の林道経て奥の院へ登り返すと、結構マゾになります・・同じように、御前山登山口から、御前山に登って、ハセツネルートを順行・・うーんここまでやると身体を壊しますね(笑)。


投稿: Koike | 2008年4月15日 (火) 21時02分

♪Koikeさん

ありゃ、すみませんタイム間違ってました。そんなに速いわけないですね!いま訂正しておきました。

やりようによっては、いくらでも自分をいじめるコースが組めますね。まだまだ面白い回り方がありそうです。
※養沢林道が崖崩れのため、その方向への分岐は通行止めになってました。

投稿: げんぼ | 2008年4月15日 (火) 22時36分

あらら、字が大きすぎますよ~(笑)
最後のスパート体制だったんですが、下から登ってくる本日初めてのランナーがげんぼさんだったからビックリしたなあ…もう

スリーステージを組むなんて、流石ですね!私には無理だなあ…二日連続で何とか70キロ弱が限界ですよー弱い脚なんで^^;

どうですか。答え出ましたか?

投稿: リキ | 2008年4月15日 (火) 23時03分

♪リキさん

サプライズに思わず笑っちゃいました。足止めさせてすまんです。

>二日連続で何とか70キロ弱が限界ですよー

私はその2日連続ってのが真似できないですよ。
あの30分後くらいかな、ランナーっぽい2人組ともすれ違いましたが、それっきりでした。
また来る機会があったら、気軽にウチに寄ってくださいな!

投稿: げんぼ | 2008年4月15日 (火) 23時48分

お疲れ様です。
一瞬、地図見たら1人TTRしちゃったんじゃないか~って思っちゃいました。形がすごく似てましたが少し小さかったようです。

ハリ天さんもげんぼさんもTTRに向けて準備してきてますね。もう2週間無いんですね、128km走りきれている自分がぜんぜんイメージできないです。

投稿: ペター | 2008年4月16日 (水) 05時53分

♪ペターさん

気休めでも、イメージトレっちゅうことで、コース設定してみたけど、なかなか面白キツかったです。
本番はレースというより、冒険旅行気分になりそう・・
ペターさんも彩湖お疲れ様でした。夏に向けて、カラダをいたわって下さいな。

投稿: げんぼ携帯 | 2008年4月16日 (水) 12時48分

お疲れ様です!3ステージ制なかなかエグイ感じですね!でもすごく鍛えられそうです。自分もロングやりたくなりました!コース参考にさせてもらいます!

投稿: そげん | 2008年4月16日 (水) 13時01分

ううっ。
冒険旅行、うらやまし~☆
調子も上向きupwardrightのようで何よりです。

みんなあれこれコースを捻りながら楽しんでますねー。
私も今年は色んなところを繋げて遊びたいです。
筋肉痛はもう消えちゃいました?
筋肉痛のあるうちは幸せを感じませんかhappy02

投稿: たーこ | 2008年4月16日 (水) 23時01分

♪そげんさん

発想の転換、といいますか。普通に登山やってた頃はこんなコース考えもしませんでしたが、ちょっと常識を踏み外してみると、意外と世界がひろがるもんですね。もちろん尾根を忠実に辿る縦走も捨てがたいですが。

今週末は表丹沢ですね。青梅高水の勢いで突っ走っちゃって下さい、応援してます!

投稿: げんぼ | 2008年4月17日 (木) 00時49分

♪たーこさん

も「冒険」是非いかがですか!

そうです、地図とにらめっこして、あれこれコースを紡ぎ出す作業、これがまた楽しいんです。時には、多くの赤線の中から、ふわっと1本の美しいラインが浮かび上がる。・・・これはもう天にも昇る気分になります。

>筋肉痛のあるうちは幸せを感じませんか

もちろん、いたた~と言いながら顔は笑ってますです。

投稿: げんぼ | 2008年4月17日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1015272/20235326

この記事へのトラックバック一覧です: TTR(もどき)1日走:

« 反省したら、もう忘れて寝る | トップページ | trailrun at night »