« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根タイムアタック!

P9280008

ここ1ヶ月ほどやってみた通勤ラン&バイク、さらに夏のアルプスなどのの成果が、少しづつ体に現れてきた(ような気がする)。
ハセツネ前に現状を知るには、今日が最後のチャンス。試走のお誘いを蹴ってまでも、泣く泣く(ウキウキ)行かねばなるまい。最後の大ナタと、ブラー2号のテストも兼ねて、行ってきました黒戸尾根タイムトライアル。CT比0.35(登り3:12、下り2:09)が目標。

       経過時間 
竹宇駒ヶ岳神社 0:00 (5:41出発) 
横手の分岐   0:47  
五合目小屋跡    1:56
七丈小屋        2:18
駒ヶ岳山頂      3:11 (10分ほど休憩)

竹宇駒ヶ岳神社 5:31

登り3時間11分、下り2時間10分。一応ベストかつ登りは目標達成ですが、できれば3時間ひとケタ行きたかった!
サブ3は、まだその先の目標やね。

先週の疲労や、週半ばのラン&バイクの影響があるかと思いきや、思ったより脚は動く。腰が若干痛いな。心拍は150以上。これまで、「横手分岐まで1時間」が調子の目安だったが、大幅短縮に気をよくする。とはいえ五合目以降に連続するハシゴに、体力を吸い取られていく、いつものパターン。しかし大きな休みは取らずに進む。七丈通過も予定通り。天気がよく、トレイルのコンディションもバッチリ。

P9280016

七丈あたりから、葉がだいぶ色づいて美しい。八ヶ岳もよ~く見えて、あっちもすっきり晴れてそうだなあ、・・・ちぇっ。

8合目より上にはもう霜がおりて、ほんの一部、凍結も始まってる。3000m級ランはこれでおしまいかな。

駒ヶ岳山頂が見えてきて、タイムはちょうど3時間を表示。あと少し、・・・これが進めども近づかない。ラストで失速、駆け上がることもできず、山頂でバッタリ倒れこむ。あ~しんどかった。

P9280012  P9280006

そのご褒美、風もなく穏やかな山頂からは、ぐるり全方位秋晴れ。や~きてよかった。

下りは安全第一かつ、ダメージをなるべく受けない脚運びを探る。今日は足首と膝にテーピングがっちり。新品ブラーはしっかり地面を噛んでいい感じ。

P9280017

下山中に、ランナー2人とすれ違った。ほかにも目撃談を聞く。黒戸尾根もトレラン雑誌デビューする日が近いか。やれキツイだの長いだのと評判だけど、実は走りやすいトレイルがけっこうあるし景色もいいし。

| | コメント (12)

2008年9月27日 (土)

バスク・ブラー1号2号

200809240032

先日、紛失したと思われたブラー、ちゃんとありました(笑)
なんと親切な同僚が、雨が降りそうだからと、屋内にしまってくれてたのでした。

しかし洗ったのに、ちっとも綺麗になってないじゃん。

どっちにしても、だいぶガタが来ていたので、先日ハセツネ用に新規ご購入。
今は他のシューズに浮気する必要ないので、お店(青梅のサトースポーツ)に
行ったら即「これくださ~い」。

別カラーにすりゃいいのに・・・これしか在庫がなかった。
ま、気に入っているので、いいのだ。

200809240029
並んで記念撮影。

200809240021 200809240014

ソー ルパターン。右足のほうが激しく磨耗してます。この夏、左足の裏が
ずっと痛かったので、無意識に右足でかばっていた結果かな。

200809240022

かかとの外側もかなり減っている。フォーム悪いからなぁ。

200809240012

右足の小指部分に穴があいたので、ビニールレザーのハギレで適当に修理。
(まだまだ使い倒しますからね)
ソールも部分的にはがれている。こんな時は瞬間接着剤でも、わりとくっつくんです。

200809240026_2

インソール。かなりへたって、衝撃が伝わりやすくなっていたので、
最近は、他のシューズのやつを突っ込んでいた。

お買い物の足で、瑞穂の登山用品店「コージツ」も久しぶりに覗いてみた。
以前はトレラン用品なんて皆無だったのに、お店の一角にハセツネ対策
コーナーがあったりして、ちょっと驚き。シューズもそれなり揃っていた。

ハセツネ2週間前。日曜は刺激を入れる最後のチャンスなので、
天気も良さそうだし、いつもの甲斐駒ヶ岳に行ってきます。

| | コメント (2)

2008年9月24日 (水)

霧と雨と雷の八ヶ岳

P9214436_2 
(ハリ天狗さん撮影)

長いことブログの更新をサボってしまいました。

だってこの企画のために、東奔西走(してないけど)

天気とにらめっこしつつ、一週ずらしての開催、奥多摩トピ・
「八ヶ岳全山!」企画。無事いってきました。

呼びかけに応じていただいたのは・・・

chinさん→ブログも写真も抜群な、マルチトレイルランナー。
KEROさん→Mr.アイアンマン兼、山岳いぶし銀職人。
kin29さん→その名の通り、ハードトレーニングで鍛えられたランナー。
・USさん→涼しげな笑顔が眩しい、50代スーパーランナー。
ハリ天狗さん→師であり目標であり、慕う者は数知れず。
かどきちさん→ロードもトレイルも次元を超えた超長距離ランナー。
のまダッシュさん→物静かな努力家。あのTJARを完走してしまった。
・リキさん→ハセツネに向けて、日々半端じゃない量の積み重ねに邁進中。
・ヘロリンさん→豊富な経験に裏打ちされた公認企画士。
素浪人さん→野武士のごとく、様々なレースに殴り込む。

・・・なんと凄い顔ぶれ。こりゃ、そそうがあってはいけません。

~~~~~

前日、職場でブラーを洗って、クルマの屋根に干したはいいが、
夜になって気づかず発車してしまう。帰宅後あわてて探しに戻るも、
すでに行方不明。ショック!なんてドジなワタシ。こんな奴が
企画して大丈夫なんか?

しかたなく急遽、予備役のトラブコをひっぱり出すことに。

去年に続いて、「八ヶ岳」にはシューズのトラブルがついて回るなあ・・・

~~~~~
立川駅前のレンタカー屋で、かどきちさんと待ち合わせ。中央道を飛ばして
下山口の「女神茶屋」へ。途中、素浪人さんが車故障によりキャンセルとの連絡。
残念ですが次の機会にまたどうぞ。

深夜1時半、kin29さん、リキさんと合流し、リキさん車で集合地点、観音平へと移動。

P9210094

皆さんすでに集合してます。かんたんな説明のあと、登山届を出して、さ~暗闇に突撃!・・・ん?
ふと足元を見ると、落ち葉かと思いきや、無数の虫がびっしり・・・な、なんじゃこりゃ~!

Kishayasude1 (借り物写真)

どうやらヤスデの一種「キシャヤスデ」らしい。
(大量発生してレールに乗り、スリップさせて汽車を止める奴。だからキシャ)

~~~~~
なにしろ面子がすごいですから、先頭でゼイゼイ言って引っ張ってるのに、
後方で楽しそうに会話してます。しんどいのは俺だけか?

1番目のピーク(編笠山)には巻き道があるけど、だれも巻く気配ナシ。
やっぱ楽させてくれないや。

一気に急勾配を上がると、まずは編笠山。少し遅れたリキさんを待って出発
すると、そろそろ明るくなってきます(太陽はみえないけど)。

ぱたぱた、すって~んと危なっかしい下りをこなして、コルの青年小屋へ。
明るくなったので、集合写真(トップの写真、ハリ天狗さん撮影)。

ここからが楽しい稜線。何度も通っているので距離を感じず、いい感じ。微妙に
雲も切れてきました。

権現小屋ではガイジンさんが挨拶してくれた。
ちょっと腹具合がよくないな。でもトイレはスルー。

権現岳で、皆さんお待ちかね。リキさんが寒そうなので、ヘロリンさんとハリ天狗
さんに手袋を借りる(俺が予備持ってないのは、まずいよな)。

P9210104

このあとには恐怖の源治梯子。オチタラシニマス。
誰ですか~マタグラから写真なんか撮ってるひとは!

キレット小屋からは、各自のペースで行きます。前方はあっという間に
見えなくなる。ヘロリンさん、リキさん、自分のユニットで行動。

風が強くなり、カッパを着込む。晴れていれば豪快な風景が見えるんですが残念!
おっかない岩場登りをこなして、本日の最高点、赤岳到着。せっかくの360度の展望も、もちろんおあずけ。すぐに出発。

赤岳天望荘にて風をよけつつ小休止。人気の小屋も、今日はさすがに人が少ないです。

横岳のアップダウンをこなし、ガスの濃い硫黄岳、ケルンを頼りに登って行く。

P9210105

~~~~~

P9210106
平べったい硫黄岳山頂に到着。あれ、ついさっきまで後ろにいたリキさんがいません。
そのうち追いつくだろう・・・と、10分ほど待っても来ません。おかしいな。

少し戻って探すも会えず。硫黄岳山荘まで戻るも、いない。小屋にも来た気配もなし。

さて困った。可能性として、
・赤岳鉱泉方面にコースアウトしたか?
・どこかで休んでるか?
・広い硫黄山頂ですれ違ったか?

この硫黄岳の登りは尾根が広く、ケルンを外れて右方向にかすかな踏み跡もある。
しかしいずれなくなり、無理しても爆裂火口に出てしまう。ロープもあるはず。
濃霧の時は注意が必要、ってまさに今がそれ。

もう一度山頂に登り返し、ヘロリンさんと協議。別れて鉱泉と正規ルートを探す
手もあるが、これ以上バラけても危険なので、正しく進んだものとみて、追跡開始。

やがて前からハイカーが来た。特徴を話し、心当たりはないかと聞いたら、まさに10数分前、夏沢鉱泉前で見たとの情報!やはり正しく進んでいた。

一時は血の気が引く思いだったが、思い込みだった。リキさんは淡々と進んでいただけ。

30分ほどの差を懸命に詰め、天狗岳でついにゲット!これで一安心。
聞くとやはり、一瞬硫黄岳で道をそれた模様。危なく、完全にはぐれる所でした。
俺、山屋として絶対やっちゃいけない事をしでかした。リーダーとしても失格。
大いに反省。反省。

P9210107

さて気を取り直して先を進みますが、雨も降り出し、雷鳴が一発(ほんとに一発)
轟いたので、本日は無理せず、適当な所で中止を決定。中山からの下りで、
ハリ天狗さんからの電波を一瞬キャッチしたものの会話はほとんどできず。
しかし留守電に、4人は麦草で終了したとのメッセージが、かろうじて聞き取れた
ので、我々もそれに倣うことに。終バスにも間に合いそう。

やがてクルマの音が聞こえ、峠が視界に入ると、疲れた足にも元気が戻ります。
ヒュッテに到着、たぶん先に帰っただろうな~と思っていた先行組4名
(ハリ天狗さん、chinさん、KEROさん、かどきちさん)が、待ってくれています!
(トップ三名は、さらに先へ進んだ模様、ひゃ~!)

お茶とカレーうどんで生気を取り戻す。その間もハリ天狗さんがヒュッテの電話を
通じて、先行組と連絡を取り、ヘロリンさん、KEROさんの強力企画士タッグが、
今後の行動を組み立てています。私は見てるだけ~。

このチームワークが奥多摩トピの素晴らしさ!「みんなでTTR」の時にも、
それがいかんなく発揮されたことは記憶に新しいです。みんなで楽しみながら、
それぞれ作業をテキパキ。頼りない主催者には、ホント~に嬉しかった!

バス&徒歩で、いまどき珍しい、銭湯チックな公共浴場にて、先行3人も合流。
kin29さん、のまダッシュさんはとうとう全山(それも想定外の「完璧」全山)
をこなしてしまった。USさんも9割方踏んでの終了。

P9214506 (ハリ天狗さん撮影)

熱~い風呂で汗を流したら、デポ車&kin29さん車で観音平へ移動。

これで無事終了!解散です。
みなさん、長~い長い一日、お疲れ様でした!

穴だらけの企画をバックアップしていただいた皆さんに、大感謝です。

| | コメント (16)

2008年9月 4日 (木)

8/31北ア・初!穂高

Top

Top2

chinさん、KEROさんにお誘いをいただき、穂高連峰日帰りアタック!

天気よし、ながめよし、最高の北ア日和でした~!ネタもいろいろ。
あ~でも書いてる時間がないよ~。首相が辞めたもんだから忙しくて(ハァ?)

chinさんの楽しいレポはこちら

| | コメント (6)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »