« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

奥多摩湖上流ぐるり

今日は奥多摩湖をめぐるトレイルでした。

P2220031

峰谷橋~ドラムカン橋わたる~山のふるさと村~鞘口峠~三頭山~鶴峠~奈良倉山(巻)~松姫峠~鶴寝山~大ダワ~小菅村~(ロード)峰谷橋

先日降った雪が日陰にあって、走りにくい場所もあったけど、おおむね支障はないです。

P2220030
奥多摩湖名物、ドラムカン橋。かなり揺れます。これで対岸の「山のふるさと村」に渡れるのだ。

キャンプ場から、鞘口峠への道が始まる。沢ぞいで、ちょっと荒れてます。踏み跡が雪に隠れてたりするので慎重に。

P2220034
峠に到着。何度も来た場所ですね。
(いま来たコースに、通行止めロープが張ってあった)

三頭山に向かいます。下りは楽だけど、こっちからは、そこそこ登りでがあるです。なんか脚が重いし。週半ばの帰宅ランは好調だったのになあ。

P2220035
三頭山到着。自分以外は、おじさんが二人しかいません。

ここから西側は初トレイル。都民の森エリアから脱出するので、あまり手が入っていない道かと思いきや、なかなか快適。神楽入ノ峰を過ぎると、とんでもなくフラットな道が待ってました。これじゃ、ぬかるんでる都民の森のほうが、道が悪いよ~。

P2220038

P2220039
鶴峠に出ました。バス停もあり。

引き続き、奈良倉山に登り返し。打って変わって、今度は急な登りが延々と。
ここはひとつ、スポ根モードに切り替えて、走り体勢でがっしがっし登る。

P2220041
しかし・・・雪があると、足跡はこんなありさまに(泣)

P2220044
奈良倉山頂へは行かず、いったんダート道に出ます。
気分転換にはいいですね。

P2220047
松姫峠。駐車場、トイレあり(冬季閉鎖)。

牛の寝通りに入ります。走りやすいとの情報は耳にしてたけど、こりゃ快適すぎです。あんまり、整備が行き届きすぎてるのも、ってのは贅沢か?少しぐらい倒木があるとか、ちょっとは冒険的要素があってもいいんじゃない?

気持ちいいので、眠くなってきた(笑)大ダワで休んでたら、一瞬意識が飛んだ。

大菩薩へ向かうには時間がないので、今日はここから小菅に下山。
新雪が2~3cmほどあるけど、トレースはなし。あるのは動物のだけ。

P2220053

凍ってないので、思いっきり飛ばせます!障害物もほとんどなし!
うひょ~!ジェットコースター!

土のトレイルでも、ストレスがほとんどない。落ち葉をクッションに激下り。
マイナーなエリアで、歩くにも苦労するかとの予想は、大ハズレでした。

P2220058 P2220057
小菅村に出ました。近くに「小菅の湯」があるけど、がまんして(着替え持ってないし)、ロードで出発点に戻ります。

P2220059
見覚えのあるものが(笑)

昨年、裏TTRの際に通ったっけ。仏舎利塔もちらちら見えてました。

トレイル→ロードと繋げると、翌日以降の筋肉痛が軽減されるような気がしてるので、最近はこのパターンが多いです。ちんたらクールダウンでも、効果はあるのかな。

よーしこれで今月も300キロ・・・と思ったら1キロ足りなかった。いまからダッシュするか?

| | コメント (2)

2009年2月14日 (土)

癒し旅2日目。

久しぶりの車中泊は、寝心地悪かったけど、寝袋と毛布で、あったか~。

当初は、山中湖を巡るトレイルを予定してた。でも疲労と曇り空で全然乗り気にならず、あっさり予定変更。地図を見ると精進湖付近に、比較的平らなトレイル=東海自然歩道がある。ここでのんびりジョグにしよう。

P2090090

入り口は、富岳風穴の駐車場。

青木ヶ原の樹海に入る。下りがちの走りやすいトレイル。やっぱり、太腿が痛い・・・

P2090094

精進湖畔の入り口にあった案内。へー、磁石が狂うってのはホントだったんだ、どれどれ・・・
ありゃ、コンパスをクルマに忘れたっ。

空から白いものがちらついて、止まると寒い。

P2090105

いったん車道に出て、今度は本栖湖に向かう。

P2090109

ここらへんは、旧「上九一色村」。一時ずいぶん騒ぎになった、あの団体のサ○○アンがあったとこ。

P2090111

途中、御坂山塊の西端にとりつく地点に来た。この標識の後ろから、破線ルートが始まる。ちょっと行ってみよう。

踏み跡うすいけど、なんとか尾根沿いに急登。

P2090112 P2090113

なんだこりゃ。

すぐ近くの碑に、昭和3年と書いてある。見た感じ、水をためておく設備のようだ。

P2090119

烏帽子岳のピーク。あとは一般ルートを北上。

P2090123 P2090124

「パノラマ台」、確かに360度の展望。でも周辺が思いっきり刈り払われていて、お仕着せな感じがよろしくない。東屋と、なぜかトイレまである。そのへんの公園じゃないんだから。

富士山ガスって見えないし、寒いのでとっとと降りる。
精進湖北岸に下り、あとはロードをスロージョグで出発点に戻り、終了。

P2090140

さて後は、温泉でゆっくり癒します。いつもよりゆっくり浸かり、すぐ近くの「富士眺望の湯 ゆらり」という日帰り入浴施設。いつもよりゆっくり浸かり、ちょっと奮発してマッサージもしてもらう。ぎゃ~痛い!マッサージ師のおじさん驚いてた(笑)

P2090143

しっかりご飯(生姜焼き定食)食って、ごろんと横になって。は~極楽。

・・・これにてリフレッシュ完了!
なんとも尻すぼみな山旅でした。

| | コメント (4)

2009年2月12日 (木)

ふらっと癒し旅。

Zizou

3日間、無理やり休暇を取り、日曜・月曜とで、カラダとココロの癒し旅に出ました。
あまりにトレイル行かないと、いいかげん精神的に持ちません(笑)

1日目(2/8)=ハコネ50kいいとこ取りアレンジ
湖尻~姥子~神山~強羅~宮城野~明神ヶ岳~金時山~芦ノ湖展望公園~湖尻(32.3km)

2日目(2/9)=精進湖をめぐる癒しトレイル
富岳風穴~青木ヶ原樹海~精進湖南岸~烏帽子岳~パノラマ台~精進湖北岸~富岳風穴(21.1km)

2日間走れるだけのウエアと装備、それに車中泊セットをクルマに放り込んで、一路箱根へ。いっときは現実逃避っぽく、四国あたりまで遠征しようかと思ったけど、最新情報だと雪がありそう。そこへジョグノートにて箱根には雪がないとの情報を得た。

沈みがちな気持ちを晴らすには、うってつけの舞台。2年前の、あの楽しかったハコネ50kと同じ、抜けるような青空が待ってました。昨年の「裏ハコネ」は土砂降りだったけど。

P2080033

湖尻キャンプ場にクルマを停めて出発。地図によると、ロープウェイ姥子駅付近から、神山に取り付く道があるはず。でも登山口を示す標識はどこにもない。こりゃ藪こぎか・・・と思ったら、それらしき入り口を発見。いたって普通に歩ける道だった。

P2080034
少し入った所にあった案内。

登り始めて30分で、もう空腹に・・・さっそく補給。夜食癖、間食癖で胃がでかくなってるのは明らか。なんとかしなきゃ。

P2080048 P2080049
30分ほどでハコネコースに合流。レース以来です。懐かしいです。

P2080052
神山山頂。雪は溶け残りがほんのわずか。おにぎり一個ほおばる。

P2080053
上から見る大涌谷です。そこへ降りる道は、通行止が解除になってました。今度通ってみたいね。

P2080055 P2080058
早雲山駅と強羅駅。宮城野のコンビニでパン補給(また?)

P2080061
ふたたび明神ヶ岳をめざして登り。脚が(カラダが)重いなあ。

P2080062_2 P2080074
外輪山の稜線。こんな道を、ハアハア走りましたねぇ~。

P2080078
金時山でサイダー突っ込む。もうエネルギー収支、大幅超過っ。

やはりトレイルに行ってないので筋肉が落ちてます。体重も増えてるので負担増だし。もう脚が終わってます。
のんびりと丸岳通過。遥か彼方に見える海ノ平まで行く気力は残ってない。
第一関門のあった展望公園から、湖尻に下りて終了。

第2の目的地に移動しつつ、通りすがりの日帰り温泉に入ったが、値段(1000円)の割にイマイチだった。翌日に期待して、吉野家で簡単に飯を食って、ちょっとした駐車スペースを見つけて眠りに就きます。・・・・・

| | コメント (4)

2009年2月 5日 (木)

生みの苦しみ、そして産声

勝田の記憶がどんどん薄れていってます。歳ですし、物忘れ激しいし。

その前に・・・

道志村トレイルレースの詳細が発表され、募集もほぼ同時に始まったので、さっそくエントリーしました。コースはほぼ、ぽつぽつ漏れ聞こえた情報通り。試走では別コースも走ってるので、あらためてトレースする必要がありそう。本格的な山岳ロングトレイル、大いに楽しみ~!関門タイムの厳しい設定も、やったろうじゃないけ!燃えてきます。

もうひとつ、姿を現した巨大なレース「ツール・ド・TANIGAWA」。
アドスポのサイトに詳細発表!

・2日にわたるステージレース。
・1日目 水上温泉スタート~湯沢町ゴール(38km)
・2日目  湯沢町スタート~水上温泉ゴール(32km)
・ゆくゆくは国際レースにする方向だが、今年はプレレースとして短距離で開催。

合わせたら、全然短距離じゃない(笑)

過酷なアドベンチャーレースに出場できるスキルは持ち合わせてないので、無理だけど、トレラン単種目でもその雰囲気は充分に味わえそう。1日目に全力で走ったら翌日ダメだし、疲労の管理など、一日完結型のレースしか経験のない身にとっては、充分に過酷&新鮮です!

わ~ドキドキしてきた。(そういや二日連続で走りまくるってのは、誰かが得意としてましたね・・・リキさん)

そして、その舞台裏を垣間見ることができるブログがありました。

あの田中正人氏の奥様がつづる文章は、過酷な海外レースに参加することの厳しさはもとより、レースを主催する側の立場からの、生の声が聞こえて来ます。新たに大会を立ち上げることがどんなに大変か・・・

参加する我々も、全身全霊をこめてぶつかるべきだと・・そのレースを骨まで味わい尽くすのが礼儀ってもんだと痛感します。

とにかく熱い文章!面白くて、一気に全部読みました。アスリート必読!

| | コメント (4)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »