« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月21日 (土)

魔女の一撃

ひさしく陰を潜めていた不発弾、ついに炸裂してしまいました。ぎっくり腰です。

前日に少し悪い姿勢で作業していたこと。
筋トレで背筋を強化しようとしたこと。
そして翌日(春分の日)、たまっていた新聞を束ねたり、そのへんをちょこちょこと整理。

それから家を出ようとして、玄関で少し斜めに体をひねった瞬間、ビキッ!!ときました。

最初のうちは大した痛みでもなかったけど、立ち寄ったコンビニで、クルマから降りられない。ああ~こりゃダメだあ。すぐ帰宅、・・・あとは布団に直行、撃沈です。

一夜明けて、仰向けで寝てる分には楽だけど、そこから起き上がれない・・・

実はもう「こいつ」とは長い付き合いで、20台半ばに発症してから、年に一度くらいは見舞われる恒例行事だったのです。それが山登り、トレランと、昔の運動不足からは対照的な生活をするようになってからは、いつしか大人しくなって、もう「永遠のお別れ」をしたものだと思い込んでいた所でした。

つい最近の「ターザン」でも、腰痛特集が組まれていたけど、もう俺、関係ねぇや~と高をくくっていた。そこへ忍び寄る「魔女の一撃」。完全に無防備でした。

仕方ないです。最近スネやら、腸脛靭帯やら、痛みがあちこち飛び火しはじめていたので、「休め」のサインが出たんでしょう。もう素直に休養します。たいしたトレーニングはしてないのに、この有様かよ~。

しかし青梅高水山まであと2週間。トレイル開幕戦には万全で臨みたいけど、間に合うか?

| | コメント (2)

2009年3月20日 (金)

雪の雲取

Santyou_2 

ちょっと時間経っちゃったけど、雲取山行ってきました(3/15)。

石尾根を奥多摩駅から出発する予定は、寝坊したので変更。奥多摩湖までクルマで行って、六ッ石山経由とした。近頃シンスプリント気味の下腿が心配なれど、山なら大丈夫。天気もいいし、青梅高水にむけて、ロング走で一度筋肉を壊しておくのもいいかと。

ところが、シンスプ対策として復活させたチャリ通勤、これが思いのほか強いダメージ。もう最初から重くてダメダメ。くわえて消化器系も不調、六ッ石山で早くも帰ろうかと思った。

でもせっかく来たし、せめて遠くに見える鷹ノ巣山くらいは登っておこうと石尾根に乗る。しかし今度はこれがカチンカチンに凍っていて、ブラーで強行突破はとても無理だ。

結局、すごすご引き返す。

・・・でも待てよ。地図で見ると、ここは六ッ石山の、わずかな北面の巻き道。ならば尾根通しでも行けるんじゃ・・・と思い直し、そろ~りと、ルートの無いゆるい尾根に踏み込んでみる。はたして所々にある標石を拾いながら進めば、10分ほどであっさり登山道に復帰。

しかし不調な脚は変わらず。鷹ノ巣山に登頂したところで、今日は浅間尾根でかえろ~っと決めた。「耐久レース出るの?今日はどこまで?」と話しかけてきたハイカーにも、そう告げて別れた。

でもなぜか、ここの下りから、すこし体が回復してきた。んじゃ、せっかくだから、七ッ石山まで頑張ってみるかね~。

Nanatsu

お~、綺麗な青空。

Fuji

お~、富士山くっきり。

Bunasaka

ブナ坂までおりて来ました。えっここで帰るの?雲取は目の前だよ~と誘惑の声が(笑)

Kumo 

なんだかんだ、来ちゃいました。今年初雲取。雪はあるものの、多くは日中のあったかさで解け始め、シャーベット状。日陰の凍結さえ気をつければアイゼンなしでも、なんとかなっちゃった。

IsioneZibun

さて下りますか。鴨沢おなじみコース。危ないところもなく快適に走れます。って堂所のなんでもない所でつまずいて、一瞬脚が攣る。こんな所で事故が起こるってよく言われますね、注意注意。

Kamozawa

鴨沢にキター!あのグラウンド手前の駐車場。あれからもう1年経つんだなあ・・・

奥多摩湖の駐車場まで、ロードをちんたらジョグ。バス便もあったけど、ちょうどいいタイミングでもなかったので使わず。トンネルは狭くても車は遠慮なく走り抜けるしヒヤヒヤ。

Kumotorimap

全行程40km弱。不調とはいえ、そこそこの負荷を掛けることが出来た。でもそのせいで今週はどどーんと疲れが出てしまいました。

| | コメント (2)

2009年3月11日 (水)

確定申告

やれやれ書き終わって、ポストにポ~ン。

がしかし、書類が一部、はじめから届いていなかったことが発覚!(税務署の送付ミス。おかしいと思い、問い合わせて判明、しかも、あやまりもしない)。

仕方ないのでネットから落とした用紙に書き込む。そのうち、いろいろ気づかなかった経費が上乗せされてって、結局は申告書も書き直すハメに。2度手間、3度手間じゃあ!

だいたい、昔から書類アレルギーなのだ。しかも会社員やめて個人事業者になってからまだ2年。だから余計に混乱するじゃねぇか!

あ~でも今度こそ終わった。あれっ胃の痛みが急に治った。やっぱり、こいつのせいだったか(笑)

| | コメント (2)

2009年3月 8日 (日)

だらんとした一日

ん~、週半ばから腹の調子がいまいち。胃もたれして、走り出すと気持ち悪い。おまけに下痢。気力落ちまくりです。スネに違和感も出ているし、こんな時は思い切ってスイッチオフ。

「確定申告」っつう悪霊が憑依してるせいだね(笑)
さっさと済ませようと書類取り出したものの、集中できなくて、ちっとも進まない。領収書の束と、これからにらめっこです。ああまた寝不足に。

数時間後・・・

あ~終わった終わった!
あとは切手を貼って・・・120円切手、無いじゃん。

もう、あしたコンビニで投函だ。

| | コメント (0)

志賀野反

今年前半の大イベントになる「はずだった」ツール・ド・TANIGAWAが中止(延期)になって、ならばと北丹沢に全力を傾けるつもりでした。しかし、同日開催のトレイル大会「OSJ志賀高原・野反湖トレイルフェスティバル」、昨年の志賀野反が悪コンディションで不評だったこともあって、注目していなかったんですが、よくよく吟味すると、3日連続開催で、3レースにエントリー可・・・おぉ~!タニガワにとって代わり、複数日にまたがるレースじゃないですか!

ぐらっときちゃったら、もうだめです。どうせなら丸ごと味わい尽くしちゃお~。主催者の「これならどうだ!」という再提案に、全面降伏。大枚2まんえ~ん払って、エントリー完了!

なので参戦表明していた北丹沢、今年も参加見送りです。

| | コメント (6)

2009年3月 3日 (火)

青梅高水山試走!

日曜日、行ってきました。ちょっと真剣モード。

といっても最初から飛ばさず、ひさしぶりの青梅丘陵の感触を確かめます。昨年のレース、練習不足でみごと撃沈した苦い記憶が頭をよぎり、不安のほうが先に立つので・・・。

先週はずっと天気がぐずついた影響で、トレイルも若干湿ってるし、今日も曇り空で肌寒い。が、走り出したら、不思議とストライドが自然に伸び、徐々に調子が上がってくる。

今年の5kmと25km地点の給水は、栗平林道の終点から100mほど進んだ場所。折り返して尾根に戻っても500mあるかないか。これなら楽です。こんな感じ↓

Kuritaira_2

急な登りや階段以外なら、登りも走れる。昨年は全くダメだったのに。お~、いいぞ!気持ちいい。心拍160オーバーで、レース並みに追い込んでも大丈夫。今年は、なんか違うぞ!

榎峠は、1時間2分で通過。

高水山までは急な登りが続く。ここもやはり、かなり走れる。なちゃぎり林道に出た所で、高速ランナーにあっという間に抜かれるも、へこまずに前進。でもやっぱり林道は苦手だね。

高水山、1時間32分。

栗平の距離がプラスでも、好調だった2007年のレースと同じだっ(コースが違うので単純に比較できないけど)。贅沢にもパワージェルを一本投入、お参りをかんたんに済ませて、3分ほどで出発。

一昨年までは登りだった表参道を下り、今度はなちゃぎり林道を遡る。案外ここもすぐに終った。この後の激下りで、やや足運びが不安定になる。下り脚のほうがまだ、山モードになってない感じか。

復路も厳しい階段さえこなせば、あとは止まることなく走り抜ける。スタミナを感じるね~♪
(栗平の水場はズルしてカット)

矢倉台からジープロードに出る頃には、いいかげん疲れも溜まってくる。それでも最後まで調子よく走れた事にご満悦。

最後のカーブを曲がろうとした時、ランナーに話しかけられました。名乗ると、今日はTTRの試走ですか?と、え?
なんと昨年の「逆TTR」の事をご存知とのこと。驚きました。いや、うれしいですね~!

復路も1時間32分。休憩込みでトータル3時間7分。カットした分を足せば3:11前後といったところか。できれば3時間切りたいけど、微妙だ・・・

近場でひとりトレイルの時は、あまり温泉に行かないけど、今日はまだ早いし、梅の湯でゆっくり疲れをほぐしてきました。ここにもランナー体型、大勢集結。

ちまちまと積み重ねた冬のジョグを、ぜひとも本番につなげたいものです。残りあと1ヶ月、今月は山のスピード持久力を磨くぞ!って、また仕事が忙しくなりそうなんだよなぁ。

| | コメント (8)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »