« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

黒戸尾根・まったりTT

P62802261

予定通り、黒戸尾根TT企画に参加してきました。ベストを狙うぞ!などと意気込んでみたものの、そのタイムは昨年、カラダが山に馴染んできたハセツネ直前、コンディションもベストに近い状態で出したもの。今といえば、まだ全然そんな脚は出来てない。志賀も目前、はてさて、今日はどういうペースでいこうかいな・・・

などと考えながら、朝、尾白の駐車場へ向かっていると、あら~後ろからリキさんが登場!前日、例によって長いトレイルやって今日また・・・相変わらずガッツリですな~。

駐車場に着いてみれば、makotoさん、ゴンゾーさん、chinさん。さらにOLの帝王Y下さん、それにのまダッシュさん。(2度登りをやるというハリ天狗さん、はすでに出発)。・・・豪華すぎて自分は刺身のツマにもなれん。

滝めぐりコースでアップに向かう「豪華組」を見送り、リキさんと二人、すぐに登山道へ。

黒戸尾根オンサイトなリキさんに、前々からココをしつこく勧めてた手前、ぜひとも案内役を買って出なければ・・・と、それを言い訳に、今日はガイドさんモードと高所練習モードの二本立てペースに決定!(次回はサシでガチンコTTよろ)。

朝から蒸し暑い!早々汗だく。つづら折れでゲットしたchinさんも、しんどそう。刃渡りまで登り、刀利天狗で休んでたら、大股でぐいぐい登ってくるはkin29さん!豪華様お一人追加。そうかと思えば、追いかけてくると思い込んでいたY下さんがもう降りてくるし(アップせず先行してた様子)。ハリ天さんも早々下山、ぜんぜん2度登りペースじゃないでしょ~。

七丈小屋で水をもらって小休止(ここの水はウマ!)。ここからが正念場。空気が薄くなって毎度苦しむなり。喘いで登るも、ついに鬼の親分(もとい、makoto師匠)に捕まる。ものすごいスピードだぁ。ちょっと食らい着いてみるも、全くお話になりませぬ。

しかし思ったよりあっさり山頂。テント泊ふくめ、もう1ダース回も来てりゃ道も覚えるわな。3:38と、凡タイムだけど、また今度、ベスト更新してやるから待っちょれや。

P6288327( ハリ天狗さん撮影)

山頂で揃ったところで記念撮影。先週行った鳳凰をはじめ、ガスの中から仙丈、白根三山が少しづつ現れた。や~甲斐駒はやっぱいいね。

P6280253_3  P6280255
北岳と仙丈ヶ岳

下りはハリ天狗さん、リキさんと。ダメージでかいので追い込まない・・のつもりが、快速なハイカーに抜かれ、ちょっと火がつく。やがて抜き返すも、5合目で休んでいたらすぐに追い付かれた。むむ~手強い。

さすがに疲労色の濃かったハリ天さんだったけど、横手分岐あたりからあっという間に姿が消えた。おおっ!置いていかれる。ここからの下りは、掘割みたいな登山道に落ち葉が積もったトレイル。そう危険でもないので、ボブスレーみたいな激下りが楽しめるのだ。追いかけるのだ。下り正味2時間半。こちらも、まったり&真剣の半々モード。

TTの主旨には沿わない走りでした。でも足も痛めず、いい練習になりました~!終了後、長々と温泉に浸かってた効果もあって、筋肉痛ほとんどないです。

| | コメント (4)

2009年6月27日 (土)

日曜は黒戸尾根へ

「山岳職人」makotoさん主催、甲斐駒ヶ岳タイムトライアル企画に参加します。参加者それぞれの予想タイムから逆算して出発、正午に山頂で集まるというルール。自分の走力をどれだけわきまえてるか、が問われますね。早すぎてもうまくないし、遅刻しても大恥。

毎年力試しさせてもらってる黒戸尾根で、こんな企画が立ったら、参加しないわけにはいきません!中4日で志賀3連戦だけど、がんばってベスト(登り3:11=竹宇駒ヶ岳神社スタート)更新できたら嬉しいな。

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

朝トレイル

4月から5月にかけて、ほとんど走れない状態だったので、脚は細くなるは、体重は増えるは、そりゃもうランナーなんて到底名乗れないありさま。いまもそれほど時間が取れないけど、日が長くなったので、せっかくだから練習は朝に代えた。

ただ低血圧なので、寝起きが悪い。明日は走るぞ!っと意気込んでも、目覚めるともう遅い時間だったり。それでも、どうにか少しづつ朝型にシフト。

道志村トレイルレースでは、登りの弱さが露呈した。なので今は平日も登り筋力強化が中心。幸い自宅のまわりは山ばかりの環境。裏山でもけっこうな負荷になるし、ちょっとクルマを出せば奥多摩の山々が連なる。どうせならアスファルトよりトレイルでの練習がいいね。

今日は大岳山に挑んでみた。4時に家を出て、桧原村の「払沢の滝」駐車場にクルマを停め、ジョグで白倉バス停まで。登山道に入り、走り体勢を維持したままの登り。ここはほとんど登りっぱなしでキツイ!結局大岳山荘に着いたところで時間切れ、引き返す。

ここ五日市に越してきた頃(4年前)にも一度試したけど、やはりダメだった。

う~ん大岳山の壁は厚い!

☆来週の、志賀野反トレイルフェスティバルの案内が届いた。期間中の足となるバス便の予約、すっかり忘れてたのに気づき、今日あたふたとFAX申し込み(ネットは締め切っていた)。

| | コメント (2)

2009年6月21日 (日)

鳳凰7山

ひさしぶりの更新です。

山脚を呼び戻すためには、やっぱり山ですな。
先々週は甲武信、先週は八ヶ岳。そして今日、南アルプス解禁~。

Photo

夜叉神峠~薬師岳~観音岳~薬師岳~観音岳~地蔵岳(アカヌケ沢ノ頭)~観音岳~薬師岳~夜叉神峠

前夜、現地入り(夜叉神峠)。クルマで仮眠するも、夜半からの雨に起こされる。
夜が明けても止まず、強めの雨に戦意喪失。

97%、このまま帰るモードに入ったけど、いや待てよ、2週間後の志賀野反トレイル対策として、雨中トレランのシミュレーションも悪くない。というか、雨でもそこそこ走れるだろうと踏んで、鳳凰三山を選んだのだ。

走り出したら、雨は弱くなり、薄日も差してきた。よしよし。

南御室小屋、薬師小屋あたりには残雪少々。

森林限界超えたら、再び雨風が強くなる。寒い!

薬師岳でココロは折れ、次の観音岳で、今日はおしまい決定。折り返し。

ところが、薬師に戻ったところで、またも天気は回復傾向。
そんじゃあ、とキビスを返して、観音にとんぼ帰り。
続けて、そのまま地蔵岳(アカヌケ沢ノ頭)方面へ。

ガスって根元しか見えないオベリスクが見えたら、おにぎり食って、
今度こそ本当に折り返し。

もと来た道を律儀にたどり(同じ木の根に、律儀に2回ヒザをぶつけた)
観音、薬師と通過。これで都合7回、鳳凰の山頂を踏んだことに。

稜線では誰にも会わなかったけど、会ってたら「こいつ何やってんだ」って思われること必至だ。

景色はなんにも見えないし、やっぱり山は晴れがいいな~。

累積標高:2288m

夜叉神P 0:00
苺平 2:05
薬師岳 3:01
観音岳 3:18
薬師岳 3:35
観音岳 3:50
赤抜沢 4:21
観音岳 4:55
薬師岳 5:08
苺平 5:57
夜叉神P 7:04

ジョグノと同じ文面、あしからず。

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »