« 2009年7月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月

2009年10月18日 (日)

2009ハセツネ後半

(~第3関門)
水も風張峠あたりで切れて、危ない所を第2関門に救われた。ポカリ500プラス水1Lを補給。←こんなリクエストもアリだったのねー。

おっと、そこにはゆぅさん、chinさん。・・・勝負は振り出しにもどったね。

水を注入したらば生き返るか、というとそうでもないのがハセツネ。どちらかといえば、かえって苦しくなる。昨年苦しんだ御前山区間。今年もしっかり沈み込む。だめだぁ~じゃんじゃん抜かれる。山頂一歩手前のベンチでとうとう横になった。これが古くなってゆらゆらしたベンチなもんだから、ゆりかごみたく眠気を誘う。一瞬意識が飛んだような。

これがちょっとした切り替えになったか、下りになって楽になる。しかし女性ランナーがひとり付いて来る気配。なかなか振り切れず。

オオダワのスタッフ応援がすごい。こちらのライトを見るや否や、下界にも聞こえるんじゃね?ってほどの大声で「ここはオオダワ~!がんばれ~!」と。声援に応えて一気に通過したい所だけど、ここでちょっと小用。

大岳山までの平坦な道は6人ほどのパック最後尾に着く。あまり快調なペースでもないが、追い抜くほどの元気もないし、登りになると遅れ気味になる。大岳への岩場にさしかかるとさらに列がつながる。この辺はいつも一人旅だけど、今年は終盤になるほど周りに選手が多くなるという現象←実際、リザルト見ると11時間台はほぼ毎分、約100人の選手がゴールしてる。

完走が見えて調子も上がってきたので、山頂はスルーして前に出る。筋肉は限界だけど、関節トラブルはここまで出ていないので、下りは楽。岩場で難儀している男性選手をすり抜けた女性ランナーがいたので、じゃ俺もっ。ついて行こ。

御岳が近づくと遠く街明かりが見えてくる。今年も帰ってきたな~。

綾広で給水していると、ゆぅさんが追いつく。ちょっと顔色が良くない(この後、別の耐久レースになっちゃったということ・・・)

昨年比2分遅れで第二関門到着(恒例、女将さんの応援だ~!)

(~ゴール)

ラスボス日の出山の石段を快調に登る。ここで先を行く選手を捉えることは今まで無かった。いい感じだ!ゴールが近づくと、いっきに元気になる←小学生か?

山頂の夜景、今年も見れました。うぉ~!。

そこに応援に来てくれていたのは素浪人さん。ベスト更新!とハッパ掛けられたけど、この時点では微妙。でも強力なパワーをもらい、すぐ出発。かなり追い風を感じながら走る。肝要の分岐点を10:55で通過。50分あればゴールできるはずなので、なんとかベスト更新はできそうだ。

見慣れた金毘羅尾根の点と点をつないでいく。この切り株、この標識、ひとつひとつ潰す。

が・・・あと残り5km。とうとう脚が売り切れた。
止まって補給したり、ストレッチしてみたり。潰す次の目標が見えてこない。また貧血も出かかっている。まとめて抜かれる。

林道にかかる橋で復活。今年は今熊神社の裏を通らず、表の鳥居をくぐって参道を降りた。この石段、意外といやらしい。

時計を見ると、やはり昨年のベストを更新出来そうにない。しかし無事に帰ってきて、最後の角を曲がると、全身が粟立つ。この、これまでの疲労を忘れて突っ走る感覚!たまりませ~ん!

ゲートをくぐって数秒後、ハリ天狗さんが飛び込んできた。あぶね~。背中見られたら絶対差されたはず!
ゴールにはハリマネさん、残念ながらリタイアのkurisukeさん迎えてくれた。chinさんは余裕で30分前に入ってた。くやし~!

われらがズッコケチームも、色々ありながらも全員無事ゴール。

~~~~~
ゴールした時は、今年はベスト出せなかったし、ほとんど現状維持だな~、まるで成長しない俺。てなブログタイトル考えてたけど(皆さんにもそう伝えちゃったけど)、翌日帰宅して、記録よく見たらそれは記憶違い。

結果的に1分更新してた。←でもこれじゃ実質ほとんど進化してないじゃん!
いいかげん、万年「前頭筆頭」から「関脇」ぐらいには昇進したいyo!。

| | コメント (8)

2009年10月14日 (水)

2009ハセツネ前半

夏のアルプス通い、今年は泊まりでまとまったものは実現できず。反面、日帰りランで数はこなした分、心肺機能向上は見込めたけど、いかんせんハセツネ直前の9月の走り込みが少なすぎた(月間130km、中旬で多忙により全く走れない日が、どかんと2週間)。

なので大幅な記録向上はないだろーことは明らか。それでも始まっちゃえばなんとかなるだろ~と、特に緊張感もなく、ほとんど疲労してないのが強みだぜ~などと高をくくっていたら、そこは天下のハセツネ、そんな甘いわきゃない。例年にもまして苦しいレースだった。また前半で突っ込んだ末、後半撃沈と復活を繰り返してた。←いいかげん4回目なんだから学習しろって。

(スタート~第1関門)
スタートは12時間のプラカードにへばりつく。去年みたいなキツキツスタートじゃなかった(けど誰かライト落としたよ~!ペットボトルも落ちてるって!)

変電所の手前でchinさんとハリ天狗さん。さあ、今年はこのお二人から逃げ通せるかな?

特に激しい渋滞もなく、入山峠までジャスト1時間。スタート前の暑さは感じず、むしろ涼しいくらい。脚はやや重感があるのでペース抑え気味。下りの突っ込みも、今年はヒザや足首の不安から封印。なので呼吸はかなり余裕。心拍は・・・センサーが故障してたことが当日の朝、判明!なのでハナから計測してない。

しばらくしてリキさんに追いつく。少し前にゆぅさん。どちらも今年好調なので怖い存在だけどここはお先に。

軍刀利山、浅間峠も近づく頃、内転筋あたりに暗雲がたちこめてきた。筋力不足が早くも露呈してきたか。第1関門にはどうにか目標通りのタイム(3:22)で入れたけど・・・

(~第2関門)
浅間峠では恒例の大応援(これを楽しみにしてたのさっ)。ハリマネさん、えくんちょさん、miyaさん、他たくさんの応援ありがとう~!ではgo!・・・と言いたいところだけど、微妙に内股が止まれ信号を出す。丸山を過ぎれば「走れる笹尾根」だけど、どうやら慎重に進まざるを得ない。ここはいったん潜行、ストレッチしたり、思い切って寝そべり、脚を持ち上げていったんリセット。まとめて抜かれるが仕方ない。なにやってんだコイツと思われてるだろ~な。

不調時には水分を多く取りたくなる。今回は初の試み、ハイドレにメダリストを薄めに溶いた水を用意した。その残量はもう少ないけど、これで復活するなら、と喉が欲しがるまま摂る。さらに三頭山に備えてべスパを補給。空腹も若干感じたので、即座に固形物を少量かじる。

栄養投入の甲斐あって、三頭山エリアは復活。一気に登り切り、鞘口峠まですいい~っと下れた。この下りは毎年、比較的ラクだけど、力の抜け具合はいままでで最高と思われた。後ろの選手がどんどん離れていくよ、わーい。

・・なんて好調は長くは続かず。峠からパタッと脚が止まる。しばらくして腹痛。立て続けに、最近時々顔を出す貧血が始まる。意識が飛ぶほどじゃないけど、目の前が白くぼやけるので困る。昨年に遅れること2分、すでに目標は大幅に下回って(6:39→6:54)第2関門着。

・・・眠いので今日はここまで・・・ありゃもう朝じゃん!

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

ハセツネ、3年連続サブ12達成!

記録:11:54:54

CP1 3:23:29
CP2  6:54:31
CP3  10:14:11

自己ベストは1分更新。
(記憶ちがいで、今年は更新ならなかったな~と思ってたけど、帰宅して調べたら、

07年:57分→08年:55分→09年:54分

だったオチ。
ていうか、・・・この進歩の無さ。どういうこと?

ま~無事に帰って来れたってことで、めでたしめでたし。

たくさんの応援、ありがとうございました!!!

| | コメント (6)

2009年10月11日 (日)

Pa110087

あきる野市の気温、6時現在11℃。

天気予報:明日の明け方まで晴マーク。最高気温21℃。

さぁ~、お祭りの始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

夏の山のまとめ

Photo

すみません!ブログ完全放置になっちゃいました。

夏の間はそれなりに山に行けて、充実してたけど、そのレポが毎度纏まらないうちに次の山、次の山、の連続で、書きかけの文が散らかって、収拾がつかなくなり状態。

ここの所また仕事が忙しいので、PCに向かう時間もあまり取れず。すべての詳しいレポは無理そうなので、7月から先週までに行ったトレイルを、ざっと並べ立てておきますのでご勘弁を~。

・7/12 奥秩父・甲武信岳(西沢渓谷~甲武信ヶ岳~三宝山~甲武信ヶ岳~雁坂峠~西沢渓谷)

志賀野反の翌週、リキさんと。志賀での腰痛をひきずったままだった。この周回コースはいつかやりたかったので辛いながらも満足。

・7/26 白峰三山(makotoさん企画、広河原からどこまで行けるかトライアル)

西農鳥岳まで往復できたものの、制限時間に遅刻したため、参加したみなさんに総すかんを喰らう(笑)

・8/2 谷川岳・馬蹄形プラス万太郎山(白毛門~清水峠~谷川岳~万太郎山~吾策新道~土樽)

ササヤブ漕ぎしたり、ラーメン食ったり、道に迷ったり。
馬蹄形と国境稜線はすっげ~気持ちよかったけど、吾策新道は荒れてて不快だった。

・8/9 甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根往復)

前夜発で北アルプスに向かったものの、災害による大渋滞で諏訪市内を突破できず、しかたなく転進。
モチベーションもあがらず、行って帰って来ただけ。

・8/15 鳳凰三山(中道~薬師岳~観音岳~地蔵岳~ドンドコ沢)

ペターさんとビバーク練習。中道の途中、御座石の下で寝るも、寒いのなんのって。
翌日カラッと晴天のもと、地蔵のオベリスクを制覇!

・8/23 黒部源流(新穂高温泉~笠新道~双六~三俣蓮華~黒部源流~鷲羽~三俣山荘~
~双六巻き~小池新道~新穂高)

ついに北アルプスの奥ふところに飛び込む。今の自分にはかなりの負荷だった。夜明けから日没まで、久しぶりの一日まるまるトレイル。腹いっぱい。

・8/30 馬頭刈山(自宅から往復)

ほんのちょっと夜間トレイル。雨なのですぐ帰った。

・9/6 ハセツネ前半試走(自宅~鞘口峠)

あっという間に水がなくなる。ぜんぜんダメ。

~~~2週間、週末も連休も仕事でいっぱい~~~

・9/28 甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)

ハセツネに向けての練習が全くできず。遅れを取り戻そうと毎度の黒戸尾根タイムトライアル。
疲労が無かったので自己ベスト更新!でも走り込み不足でスタミナが無くて、下りヘロヘロ。。
ヒザやら足首やら、関節が弱くなってる気がする。

・10/4 金峰山(瑞垣山荘~金峰山~大弛峠往復)

今年一番快適に走れたかもしれない。追い込みすぎず、ダレ過ぎず。やっといい感触が戻ってきた感じ。

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年1月 »